水草水槽 大磯砂で水草の育成・60cm大磯砂水草水槽

リセットなしで十数年 長期維持が簡単な大磯水草水槽 / 大磯砂で水草を育てるコツは肥料と有機物 / 照明は家庭用蛍光灯20Wが2本、二酸化炭素も少なめ、温度も低め、さらに、園芸用の肥料を使って低コストの水草水槽を目指す!

60cm大磯砂水草水槽

大磯砂を使った60cmの水草水槽

大磯砂を使った60cmの水草水槽

園芸用の資材や肥料を使って、リセットの必要がない低コストの大磯砂水草水槽を目指す!

目次

■ 相互リンク

大磯砂を使った水草水槽

大磯砂   溶岩砂   ソイル

上の写真は我が家の水草水槽です。植えている水草や水槽の詳細データは後述します。

これは水草のストック水槽なのか?と思えるようなセンスのないレイアウト。正面からは見えませんが、右奥にフィルターの給排水パイプやヒーターがあり、そのまわりに少しスペースが空いているので、その部分にも5種類ほど水草が植えてあります。

センスの無さが際立っていますが、それでも水草がユラユラと揺らめく姿を見ていると癒やされます。換水後には気泡をたくさん付けて、細かな気泡がたくさんわき出てきます。その水景がたまらなく美しい! ・・・レイアウトは別として・・・

大磯砂か?ソイルか?

水草の育成にはソイルが当たり前となりましたが、この水草水槽の底床には大磯砂を使っています。この水槽はセットしてから20年以上が経ちました。セットしたのはソイルがまだ登場していない頃です。

我が家には水槽が3本あり、他の2本ではソイルを使っていましたが、リセットが面倒なので結局この大磯砂の水槽1本だけが残りました。

ソイルを使うと劇的に水草の育成が簡単になりますが、ソイルは寿命が来るととたんに調子を崩します。手をかけてやれば、寿命の尽きたソイルでも使い続けることができますが、大磯砂よりも手間がかかってしまいます。

ソイルの最大の欠点は寿命があることです。一番長く使ったソイルでも3年ぐらいだったと思います。

この大磯砂水槽を最後にリセットしたのは今の住まいに引っ越しした10数年前です。水草の種類やレイアウトを変更しながら現在のレイアウトに落ち着いたのは3年ほど前です。

これまで、かなりの種類の水草を枯らせてしまいました。結局、今残っているのは大磯砂でも育つ簡単な種類ばかりです。環境がよければ低光量、二酸化炭素なしでも育つ水草ばかり残っています。

水槽セット ガラス水槽、フィルター、濾材、底床、照明などのセット水槽
水槽セット

水草水槽に使える底床材
大磯砂   溶岩砂   ソイル

肥料

水草用肥料   園芸用肥料

大磯砂を使って水草を育てる上で一番難しいのが肥料です。

大磯砂では、少々肥料を与えても水草の生長がよくならない。だからといってそれ以上に与えると苔が増える。

大磯砂の利点が欠点に!!

大磯砂の最大の利点は通水性がよいこと。熱帯魚の飼育には底床の掃除がしやすく最適なのですが、水草にとってはこれが最大の欠点となってしまい、水草の育成を難しくしていると思います。

底床内に肥料を埋め込んでも保肥力がなく、水中に簡単に肥料成分が溶け出してきます。少し施肥しただけで水槽内の苔があっという間に増えてしまいます。苔が生えない程度まで施肥量を減らすと、今度は水草が育たなくなってしまいます。

ちょうどいい加減の施肥量をつかむまでにかなりの年月を費やしましたが、現在では、ようやく大磯砂でも苔の発生を抑えつつ水草の育成ができるようになってきました。と、言うより肥料に頓着しなくても育成できる水草が残ったと言うべきなのかも知れません。

水草用の専用肥料か?園芸用の肥料か?

水草を始めた当初は、高価な水草用の肥料を使っていましたが、コスト削減のために、少しずつ園芸用の肥料にシフトしてきました。現在は、テトライニシャルスティック以外はすべて園芸用の肥料を使っています。私の場合、家庭菜園や盆栽をやっている実家に帰れば、肥料はタダで手に入ります。

園芸用の肥料の利点は、水草用の肥料に比べ価格が安いこと。また、肥料の成分や量を把握しやすく、固形のまま底床に埋めることができること。さらに、肥料成分の割合や濃度を好きなように調整した自作の液肥を作ることができること。

自作の液肥を作る場合には、成分によって水分を含むと分解が始まったり、他の成分と化学反応を起こしたりしますので、注意が必要です。作り置きするのは極力避けた方がいいと思います。

欠点は、熱帯魚やエビなどの生体に悪影響を与えること。速効性のある肥料や液肥などは特に危険です。今は生体は飼育していないので、この点は問題ありません。

施肥のポイントはリン酸?

施肥のポイントは、リン酸の施肥量を最小限に抑えることだと思っています。

その理由は、昔、河川や湖沼で家庭用洗剤に含まれるリン酸の流入によって、河川や湖沼の富栄養化が進み、藻類の異常繁茂や海洋での赤潮の発生などが問題になったことがありました。

また、陸上植物では、窒素、リン酸、カリウムの三大要素の中で、リン酸の要求量が一番低いとされています。

陸上と水中では、各肥料成分の土壌に対する吸着保持のされ方や、植物の吸収のされ方などは異なりますが、水槽内でもリン酸の要求量が一番低いとされています。

リン酸の要求量

植物が必要とする要求量と施肥量は、必ずしも等しいとは限りません。

陸上植物の場合、リン酸を多用することがよくあります。これは、リン酸が他の物質と結合し、化合物を作ります。植物はこの化合物を吸収することができません。これをリン酸の固定化と言いますが、植物にリン酸を吸収させるには、リン酸の施肥量を増やさなければならなくなってしまいます。

ただ、固定化されたリン酸化合物も、根圏菌や有機酸の介在で植物に吸収させることができます。これは水中でも同じことが起こるとされています。

陸上植物の場合、リン酸を多量に施肥することもありますが、リン酸の過剰な施肥は、微量要素の欠乏を招いてしまいます。広い大地で作物を育てるのとは違い、狭い水槽内ではその影響は大きくなります。

陸上と水槽内で大きく違うのは、水草の場合、根はもちろん、茎や葉のまわりにも、常に肥料成分が存在することです。一部の水草を除いて、葉や茎からも肥料分は吸収しますが、やはり根からの吸収が一番多くなります。

肥料成分の中でも特に厄介なのが、リン酸の存在です。黒髭ゴケを著しく増殖させるのは主にリン酸だからです。まずは、リン酸の施肥量を最小限に抑えるのがポイントだと思っています。

先にも述べましたが、植物の要求量と施肥量は必ずしも等しいとは限りません。

底床内で固定化されやすいリン酸を、根圏菌や有機酸の介在で、植物にむだなく吸収させることを前提にすれば、リン酸の施肥量をさらに少なく、また、水に溶けやすく換水で水槽外に排出されやすい窒素やカリウムは多めに施肥する必要があるといえます。

リン酸と黒髭ゴケの関係

面白いのは、リン酸の濃度の変化によって黒髭ゴケの色が変わることです。

リン酸が少なけれは色が薄くなってきます。極端にリン酸が不足するとグレーや白っぽい色になります。逆に、リン酸が増えると黒みが増します。黒髭ゴケが真っ黒になるのはリン酸が過剰なときです。

黒髭ゴケは環境の改善では消滅しない!?

リン酸を減らして色が薄くなったからと言って、黒髭ゴケは消滅しません。その状態が長く続いても、黒髭ゴケはしぶとく生きながらえています。リン酸の濃度が上がると、また黒々と復活してきます。

黒髭ゴケ以外の苔で、水槽内によく出現する緑藻などは、環境の改善で消滅させることができますが、黒髭ゴケは他の苔のように簡単には退治できません。黒髭ゴケは、物理的に取り除かないと根絶は難しいです。

黒髭ゴケの色は、リン酸の濃度によって変わると書きましたが、黒髭ゴケの色は、窒素や微量要素の濃度でも変わります。

リン酸が過剰で黒髭ゴケの色がかなり濃いとき、窒素や樽などの微量要素の濃度を変化させると、黒髭ゴケは、赤っぽい黒や緑っぽい黒に変化します。どの要素がそうさせるのか分かりませんが、黒髭ゴケは肥料の成分の割合によって色を変化させるようです。

さらに、緑藻も肥料の成分の割合次第で色の濃淡に差が出ます。苔を観察していると、肥料の各成分の濃度が分かるような気がします。

ただ、肥料成分によっては、pHや硬度を変化させるので、一概に言える物でも無いような気もします。

肥料の要素と施肥のタイミング

施肥で難しいのは、pH、硬度、水温、根圏、バクテリアの状態など、様々な水槽内の環境の変化によって、肥料の各成分の状態や植物への吸収のされ方が変わるところです。もちろん、植物の状態によってもその要求量や必要とする成分の比率が変わってきます。

つまり、水草の状態や水槽内の環境の変化に合わせて、肥料の成分の割合や量を変える必要があります。というより、いかに水草の状態や水槽内の環境を一定に保つか、というのが大事な要素になります。

施肥によるpHや硬度の変化と肥料の相性

肥料には、酸性の物、アルカリ性の物、施肥当初は酸性でも分解の過程でアルカリ性に変わる物、硬度を上げる物などがあり、水槽内の環境に影響を与えます。

また、肥料の成分によっては相性があります。よく耳にする拮抗作用のあるもの、それぞれが反応して固定化されるもの、施肥によってpHや硬度が変化し他の成分の分解や吸収を妨げてしまうものなどがあります。そのような理由で、成分ごとの施肥のタイミングも重要になります。

基本肥料のテトライニシャルスティック

私の使っている肥料は、テトライニシャルスティック以外はすべて園芸用の肥料を使っています。イニシャルスティックは、施肥当初は酸性ですが、分解が進むとアルカリ性になります。

施肥については、まず、基本肥料として、底床内にはイニシャルスティックを定期的に埋め込んでいます。イニシャルスティックはカリウムを主体とする有機物を含む肥料ですので、微生物によってゆっくり分解されて、その効果が長く続きます。

イニシャルスティックの成分は、公表されていませんので、正確なところは分かりませんが、多くのWEBサイトでは、N-P-K=1-0-25+鉄+マンガン+有機物+微量元素と推測されています。

腐葉土やピートなどもそうですが、陸上の土中で有機物の分解が始まるには数日から1週間、分解が終わるまでには、1ヶ月から数ヶ月かかるとされています。施肥量や土中の環境によってずいぶん差があるとは思いますが、その間、ゆっくりと植物に肥料成分を与え続けます。

園芸用肥料とpH

イニシャルスティック以外の肥料には、肥料の三要素の一つのリン酸の供給に「園芸用固形化成肥料8-8-8」を使って、最低限の量を底床内に埋め込んでいます。肥料の三要素の残りの成分である、窒素とカリウムの不足分は、尿素と硫酸カリウムを使っています。

大磯砂で園芸用の肥料を使うとpHを弱酸性に保つことが容易になります。園芸用固形化成肥料8-8-8、硫酸カリウムは酸性で、尿素は施肥当初はアルカリ性ですが、分解が進むと水質を酸性へと傾けていきます。大磯砂でpHを6.0前後に維持することも簡単にできてしまいます。

ハイポネックス ハイグレード開花促進は使えるのか?

ところで、リン酸の供給に、ハイポネックス ハイグレード開花促進を勧めているWEBサイトをよく見かけますが、どうなんでしょうね?

ハイポネックス ハイグレード開花促進は、カリウムを含んでおり、カリウムが不足しがちな水草水槽では、リン酸の単肥という感覚で使えそうです。しかし、液肥は即効性が強すぎるので、特にリン酸を多く含む液肥は扱いが難しいように感じています。

水槽内ではリンを多く含む液肥の使用は、黒髭ゴケの発生を招いたり、また、鉄やカルシウム、その他微量要素に影響を与えやすい点も注意が必要だと思います。ハイポネックス ハイグレード開花促進を使う場合には、施肥の間隔を数週間~1ヶ月以上開けた方がいいかもしれません。

いずれにしろ、水槽内では、リン酸は積極的に与えるものではないと思っています。

肥料の三要素以外の肥料と微量要素

肥料の五要素の残りの二つのカルシウムとマグネシウムについては、苦土石灰を、鉄などの微量要素については、ハイポネックスハイグレード活力液を使っています。

その他、微量要素の供給に、腐葉土とピートを使っています。いずれも、有機物は分解が進むと窒素やリン酸も供給します。特に、窒素を大量に供給しますので、窒素の過剰には気をつけます。

大磯砂に無いもの

ソイルにあって大磯にはないもの。

肥料の三要素、あるいは肥料の五要素は、化成肥料を使っていくらでも供給できます。それ以上に重要なのは、ミネラルや微量要素、有機栄養分です。陸上、水中にかかわらず有機物は植物の生長には欠かせない成分が多く含まれています。化成肥料では得られない成分があります。

ソイルは、これらの微量要素や有機物などを含んでおり、いつでも水草が利用できるようになっています。

有機物の供給 腐葉土とピート

長く使い込んだ大磯砂や酸処理した大磯砂には、ミネラルや有機栄養分が全くありません。それを補うために、底床内にテトライニシャルスティックのほか、腐葉土とピートを定期的に埋め込んでいます。

腐葉土とピートは、「定期的に与える」というのがポイントで、有機物は根圏菌類やバクテリアによって分解されなければ植物には利用できません。その分解の過程で、pHの変化など水質が大きく変動します。その変動の振れ幅を小さくするために、少しずつ定期的に埋め込んでいます。

イニシャルスティックもミネラルを含む有機肥料なのですが、有機肥料を多用しすぎると底床内のpHが大きく変動します。

経験的に、大磯砂水槽では、イニシャルスティックを単独で使うよりも、腐葉土とピートを併用した方が、水草の調子がいいように感じています。特にピートは有機酸を含んでいますので、水槽内を弱酸性に維持し、また、根圏の改善にも役立つのではないかと思っています。

ちなみに、ピートは酸性を呈しますが、有機物ですのでイニシャルスティックや腐葉土と同様、分解が進めばpHを変動させます。

もう一つ気をつけなければならないのは、園芸用の腐葉土とピートは予期せぬ生物や植物が発生することがあります。家人が許せば、電子レンジやオーブンなどで殺菌してから使う方がいいです。

大磯砂でも水草は育つ

腐葉土やピートなどの有機物を底床内に仕込んだ状態で長年維持していると、有機物が分解され、底床内にヘドロ状の汚泥がたまってきます。大磯砂をつかった水草水槽では、この汚泥も重要な役割を担っていると思っています。

ソイルでは、粒が崩れて汚泥化するととたんに通水性が失われ、酸欠状態になり、底床内が嫌気環境になってしまいます。さらに汚泥化が進めば、水槽内の環境を維持するのは困難になります。こうなればリセットしかないわけです。

大磯砂と汚泥

大磯砂の場合は、汚泥が蓄積してもソイルのように致命的に通水性を損なうことはありません。底床内の通水性を保ちつつ酸欠に気をつければ、大磯砂にとって、汚泥の蓄積は大きな問題を起こさないと考えています。

むしろ、プロホースなどでザクザクと底床内をきれいにしすぎる方がトラブルが発生しやすいように思います。底床は、プロホースで掃除するよりも、スプーンなどを使って、耕すという感覚でメンテナンスするほうが結果はよいようです。

トリミングや耕したときに、舞い上がった汚泥が底床の表面に沈殿したとものを、吸い出す程度の掃除で十分です。数週間に一度、水草の差し戻しを行いますが、このとき、底床を耕してやれば、底床内の酸欠や嫌気環境も起こりにくくなります。

大磯砂で水草を育成するうえで、この汚泥は、保肥力の向上に役立ち、さらに、根圏菌類やバクテリアの住処になることで根圏を改善するなど、大磯砂で水草を育てるには、なくてはならない物だと考えています。

省エネ推進水槽!水草水槽を低コストで維持

この水槽はかなり低コストで維持しています。

肥料については、上記のように園芸用の肥料を使っているので、水草用の肥料に比べ、コストは1/5以下だと思います。

二酸化炭素(CO2)

CO2は、1滴/2秒以下、10時間添加で、74gのCO2ボンベ1本が、5ヶ月以上持ちます。

換水は週1回で、1/5程度の水を替えていますが、少量でも週2~3回換水できれば、CO2の添加も必要ないのではないかと考えています。

もっとも、現在植えている水草は、CO2を添加しなくても育つものばかりなので、今の状態でCO2の添加をやめても、それほど大きな問題は起きないのではないかと思います。

ちなみに、換水に使う水は水道水をそのまま入れています。水温、水質は一切調整していません。熱帯魚やエビがいるのならそういう訳にはいきませんが・・・。

ロタラの色づきが悪いのと、pHを6.5以下に保ちたい、という理由でCO2を添加しています。

pHを弱酸性に保つ

pHの維持については、ピートの量を増やしたり、木酢液やクエン酸を添加することで対応できるのではないかと思います。むしろ、ピートや木酢液、クエン酸などの有機酸を添加することで、根圏の改善には有効ではないかと考えています。

照明

照明は、20Wの家庭用の蛍光灯が2灯です。照明をLEDに変更すれば、もっとランニングコストを下げられます。

外部式フィルター

外部式フィルターは、以前、熱帯魚を過密状態で飼育していたこともあり、90cm用の外部式フィルターを使っていますが、水草のみの水槽ではオーバースペックです。

現在は、生体を一切飼育していませんので、30~45cm用の外部式フィルターで十分だと思います。小型のものに変更すれば電気代も半分ぐらいに抑えられそうです。

水草水槽の最低温度とヒーター

一番電気を使うのが、冬場のヒーターです。冬場の温度設定は22℃にしていますが、この辺が限界かも知れません。

一冬ヒーターなしで越冬したことがありますが、水温はだいたい6~12度くらいでした。冷え込んだときには5℃以下になることもたびたびありました。

さすがにここまで温度が下げれば、水草はほとんど生長しなくなりました (中には、低温でも変わらず育つ水草もありましたが) 。かといって、枯れることもなかったので、トリミングや換水の手間が省けて、いいと言えばいいのですが、育つものが普通に育たないと、なんだか寂しいです。

このときには、テトラ類やビーシュリンプなども越冬できました。水草をはじめ、熱帯魚やエビにはつらい思いをさせてしまいました。

家人のいる夕方から就寝までの数時間は、暖房器具を使う室内に設置していたので、1日の中でも、朝と夜ではかなりの温度差がありました。せめて、この温度差を無くす程度にヒーターを使ってもよかったと思います。

水草の成長する温度

水草がそこそこ生長するには、18℃以上の水温が必要だと思います。もう少し活性化させたいというとことで、冬場の温度設定は22℃に決めました。一番活発に成長するのは、24~28度ぐらいではないでしょうか?

夏場の温度管理と高水温時の対策

我が家の水槽では、4月~5月頃には水温が25℃を超え始めます。この頃から、水草の生長がかなり早くなってきます。

冬場は温度管理が楽なのですが、問題は、夏場の高水温です。水槽の水温は軽く30℃を超えてしまいます。最低水温が30℃を超える日が何日も続くと、水草もかなり弱ってきて、苔がはびこり始めます。水槽用のクーラーを付けたいのですが、初期投資、ランニングコストもかなりかかります。今のところ、ファンでしのいでいますが、焼け石に水状態です。

夏場の高水温で水草が弱って苔がはびこる対策として、「溶存酸素量を増やす」、「CO2の添加量を増やす」、「照明を2割ほど減光する」、「肥料を減らす」、「水が腐敗する原因となる有機肥料は極力与えない」、「底床にたまる枯れ葉などの有機物を除去する」、「定期的に底床内に通水する」等を行っています。

南向きの部屋では、最低水温30℃、最高水温35℃以上にもなります。水温が上がれば、CO2や酸素の濃度、肥料の各成分の状態や濃度など水槽内の環境は水草にとってかなり厳しいものになります。

水槽の状態は、8月~9月頃が、一番悪いです。7月頃から調子を崩しだし、水草が回復するのは、最高水温が28℃以下を維持できる10月頃になります。

水草が回復しても、夏場にはびこった苔の除去に手間取り、完全復活は12月頃になります。半年もの間調子が悪いことになります。やっぱり、水槽にもクーラーが欲しいですね。

クーラーが導入できないのなら、底床をソイルに変えて、水草が調子を取り戻す毎年9月頃にリセットするのがいいかもしれませんね。イヤイヤ、大磯砂でコストをかけずに水草を育てるのが主題でした。

水槽データ

肥料

水草

60cm大磯砂水草水槽

大磯砂を使った60cmの水草水槽

大磯砂を使った60cmの水草水槽

園芸用の資材や肥料を使って、リセットの必要がない低コストの大磯砂水草水槽を目指す!

水草が気泡をたくさん出す、大磯砂を使った60cmの水草水槽

水草が気泡をたくさん出す、大磯砂を使った60cmの水草水槽

水草が気泡をたくさん出す、大磯砂を使った60cmの水草水槽

水槽を下から見上げました。水面に映る水草が美しい!写真では分かりませんが、小さな気泡が絶え間なくあちこちからプクプクとわき出ています。換水後は、普段はあまり気泡を付けない水草もたくさん気泡を出します。こんな状況が一番癒やされます。そんな水景をボーッと眺めているのが好きです。

アルテルナンテラ・レインキー 斑入り

アルテルナンテラ・レインキー 斑入り

アルテルナンテラ・レインキー 斑入り

どんな環境でもこの赤い色が失われることがありません。葉も茎も赤く色付きます。いや、色付くと言うよりは、最初から赤い水草です。この赤は、葉の裏と表では色が異なり、葉の裏側は紫がかった鮮やかな深紅に近い、ビロードのようなとてもきれいな色です。裏表逆ならいいのに、といつも思います。

アルテルナンテラ・レインキーは、苔さえ気をつければ、枯れることもなく、とても楽ちんな水草です。でも、成長がとんでもなく遅い。アヌビアスといい勝負です。

下葉に苔が生えたので短くトリミングしたら、新葉は展開するものの、背丈が伸びなくなってしまいました。この状態で3ヶ月が経過しました。その間、新葉は2~3対出ましたが、背丈はほとんど伸びていません。幅が広がり、ズングリムックリしてきたので、この状態だと前景草として使えそうなほどです。

光量不足かと思い、開けた場所に植えたりもしましたが、状況は変わりませんでした。グロッソスティグマとブリクサには他の場所の2倍ぐらいの肥料を埋め込んでいます。その横に植えているので肥料不足はないと思うのですが?もしかして、肥料負けなのかも?

グロッソスティグマ

グロッソスティグマ

グロッソスティグマ

大磯砂で育てていると突然成長が止まることがあります。慌てて追肥!

グロッソスティグマは根をたくさん出しますが、底床内の奥深くまでは伸ばしません。底床の厚みの半分ぐらいまでのところまでですが、ヘアーグラスと同様に、ピンセットも通さないほどびっしりと根を張ります。

肥料を深いところに埋め込んでしまうと、グロッソスティグマが利用できないのではないかと思い、肥料を埋め込む深さは、根の先端ぐらいのところにしています。ヘアーグラスも比較的浅い位置で根を張り巡らすので、同じように根の先端付近に肥料を埋め込んでいます。

一方、ブリクサやロタラなど、他の有茎草は底床の一番底まで根を張るので、肥料も一番底に埋め込むようにしています。グロッソスティグマとヘアーグラスは調子がいいと、他の水草を密植している照明の当たらないところにまで勢力を拡大していきます。

グロッソスティグマは、大磯砂でも比較的簡単に絨毯を作ることができます。

ヘアーグラス

ヘアーグラス

ヘアーグラス

ヘアーグラスはグロッソスティグマと同様に、大磯砂では底床内の環境に左右されやすく、なかなか気むずかしいところがあり、突然成長が止まることがあります。

スイッチが入れば成長も早く、ランナーも盛んに伸ばして育てやすいのですが、成長が鈍ってくると、ゴミのたまりやすい根元などにコケがつきやすくなります。

成長が鈍ってコケがつき始めたときには、そのまま追肥するよりも、一度抜いから底床内を耕して差し戻した後、短くカットしてやれば復活しやすいように思います。

大磯砂では、定期的に植え替えてやると調子がいいように感じています。

調子がよければ、1ヶ月ほどで数倍のボリュームになりますので、そのタイミングで植え替えを繰り返し、植栽面積を増やしていけば、大磯砂でもヘアーグラスの草原を作ることができます。

最近では、ミスト式と呼ばれる立ち上げ方法があるようで、ミスト式で水槽を立ち上げると、大磯砂でも簡単にヘアーグラスの草原ができそうです。

この水槽でミスト式に向いている水草は、「グロッソスティグマ」、「ヘアーグラス」、「ハイグロフィラ・ロザエネルヴィス」、「アヌビアス・ナナ」、「アマゾンチドメグサ」、「ウィローモス」、「ウォーターフェザー」、「アメリカンウォータースプライト」、「ミクロソリウム」などでしょうか?

ミスト式は、水中葉から水上葉へ、あるいは、水上葉から水中葉へ順応するときに「葉の形態が変わらない」、「葉を落とさない」ことが条件の一つだと思います。可能性としては、そういう形態の変化を気にしなければ、水上栽培に対応できる品種なら何でも可能だと思います。

ミスト式は、アクアテラリウムなどの水上栽培の一種といえますが、アクアテラリウムなどの水上栽培と異なる点は、ミスト式は完全密封で水分を水槽外へ蒸発させない点です。水上栽培が難しい「ブリクサ」などでも育成させることができそうです。アクアテラリウムにもチャレンジしたいと思っていますので、それに近いミスト式については、検証してみたいと思います。大磯砂で水草水槽を立ち上げるには有効な手段だと思います。

ロタラ・インディカ

ロタラ・インディカ

ロタラ・インディカ

水草につく気泡が美しい! 換水後は特に気泡がよくつく。この水槽ではロタラが一番気泡を付けます。次いでリシア、グロッソスティグマ、アマゾンチドメグサも気泡をたくさん付けます。

ロタラ・インディカは環境によって色の変わりやすい水草です。きれいな赤がなかなか出ません。トリミングで差し戻して数日経過すると、グリーンロタラか?と思うほど鮮やかなグリーンになることがあるかと思えば、逆に真っ赤に色付くこともあります。

肥料だけでなんとか色付かないかと苦戦しています。鉄分や微量要素を強化してもあまり効果はありません。やはり、光量やCO2、そして、pHや硬度などを含めた総合的な環境を整えないとだめなんでしょうか?コスト的に、光量もCO2も増やしたくないのですが・・・。

ハイグロフィラ・ロザエネルヴィス

ハイグロフィラ・ロザエネルヴィス

ハイグロフィラ・ロザエネルヴィス

ハイグロフィラ・ロザエネルヴィス、アヌビアス・ナナ、アマゾンチドメグサ、ウィローモスは、この水槽で20年以上維持しています。どんな環境にもよく耐える水草です。

当時、ハイグロフィラ・サンセットと呼ばれていました。その名の通り、ピンク色に染まる水草なのですが、なかなかきれいなピンクになってくれません。葉脈もピンクの ものから白いもの、あるいは、緑色や全く色付かないものまでいろいろあります。

ハイグロフィラ・ロザエネルヴィスは中景に使っているため、いつも短めにトリミングします。しかも、他の水草の影になって光量は少ないはずです。それでもきれいなピンクになることがあります。

蛍光灯20W×2灯で、光量の弱い場所に植えてあり、さらに、CO2の添加も少なめなので、ハイグロフィラ・ロザエネルヴィスには、光量やCO2の与える影響は少ないのかも?その分、失敗なく育つという意味では、非常に育てやすい水草です。

写真に少し写っている、アメリカンウォータースプライト、ミリオフィラム・ガイアナドワーフ、ミリオフィラム・オレンジなども、環境に左右されることなくよく育ち、簡単に育成できる水草です。むしろ育ちすぎて持てあましてしまいます。

ブリクサ・ショートリーフ

ブリクサ・ショートリーフ

ブリクサ・ショートリーフ

この水槽で一番気むずかしい存在かも?ブリクサはどうも苦手です。

成長スイッチが入ればなんてことのない、育成の簡単な水草なのですが、トリミング後、スイッチが入るまで1ヶ月以上かかることもあります。

同様に、大磯砂ではグロッソスティグマやヘアーグラスもスイッチが入るまでに時間がかかるときがあります。しかし、ブリクサとは違い、こちらは必ずスイッチが入ります。グロッソスティグマやヘアーグラスは枯らせたことはないのですが、ブリクサは何度か枯らせたことがあります。

ブリクサは、私にとって、差し戻しが怖い水草です。できることなら、一生トリミングをしたくありません。ブリクサ消滅防止策として、ブリクサを左右に配置し、それぞれタイミングを変えてトリミングしています。

この写真は、左側に植えてあるブリクサですが、右側は3週間前に差し戻しを行って、現在、絶不調です。右側のブリクサの写真は、全体を写した写真を見てください。緑藻がつき始めました。恥ずかしいので大きな写真は載せませんが・・・・。

この写真のブリクサも、株がかなり大きくなってガラス面にへばりついています。そろそろトリミングの時期なのですが、右側のブリクサの調子がよくなるまでは、このブリクサのトリミングは保留です。

底床内の環境の問題だと思いますが、要は、根が張れるかどうかなんでしょうね。根が十分伸びて、根から養分を吸収し始めると、成長が一気に進み、ボリュームが増してきます。

トリミング

トリミング前の水草水槽

トリミング前の水草水槽

トリミング後の水草水槽

トリミング後の水草水槽

水草水槽のトリミング

ロタラ・インディカ、ミリオフィラム・ガイアナドワーフは水深の半分の長さでカット。ミリオフィラム・オレンジは差し戻しました。

グロッソスティグマは、前面のガラスに折り重なるように成長していたので、ガラス面から約2cmの部分でカットし、取り除きました。

少し左下がりになってしましましたが、ロタラは数週間で水面近くまで伸びてきます。その間、ミリオフィラム・ガイアナドワーフはせいぜいその半分か1/3程度しか成長しません。数週間後には凹形になります。ミリオフィラム・オレンジは、調子がよければ1週間ほどで水面に達してしまいます。

トリミングのときにいつも思うことですが、60cmの水槽といえども、水草を密植していると、捨てる量もかなり多く、金額にすると数千円ほどの水草を捨てています。もったいないですね。なんだか、水草を捨てるために育てているような錯覚に陥ります。

前回のトリミングから4週間(28日)目の水草水槽

前回のトリミングから4週間(28日)目の水草水槽

前回のトリミングから4週間(28日)目の水草水槽

前回のトリミングから4週間(28日)目の水槽の様子です。

ロタラ・インディカ、ミリオフィラム・オレンジが水面に達しました。

ミリオフィラム・オレンジは、この4週間で3回差し戻しています。10日に1回トリミングが必要です。アメリカンウォータースプライトも成長が早く、この2種はトリミングに追われるので、かなり面倒な水草です。

ロタラ・インディカは、前回、水面に到達したときよりも赤い色が薄く、グリーンが濃い個体が多いです。また、ハイグロフィラ・ロザエネルヴィスもピンク色が薄くなりました。窒素が多いのかも知れません。

グロッソスティグマは、前面のガラスに折り重なるように成長してきました。また、厚みも出てきました。そろそろトリミングしてもいいかもしれません。

写真では分かりづらいのですが、アルテルナンテラ・レインキーはこの4週間で成長速度が速くなり、新葉を4~5対出しています。でも、相変わらずずんぐりした草体で、高さが出ません。

ブリクサは、左側はボリュームを増しましたが、右側のブリクサはトリミングから2ヶ月が経過しましたが、新葉は出すものの、成長が著しく遅く、相変わらずボリュームが増えてきません。かといって、枯れるわけでもありません。現状維持といった感じです。

左右でこれだけ成長に差が出るのは、底床内の環境が左右でかなり違うのでしょうね?同じように管理、メンテナンスしているつもりなのですが、左右で何が違うのか分かりません。

水槽内の環境は、できるだけ一定になるようにしているつもりなのですが、ロタラ・インディカやブリクサの成長にムラがあることを考えると、まだまだ改善の余地があります。

通常は、水草の生長とともに、施肥量を増やしたり、施肥間隔を短くしたりするのですが、それが裏目に出ているような気がしています。つまり、肥料負けしているのではないかと考えています。

熱帯魚やエビを飼っている水槽ほどではないにしろ、有機物は日々堆積していきます。水草の生長にあわせて肥料を増量する必要はあまりないのかも知れません。

これは何という植物でしょうか?

これは何という植物でしょうか?

2ヶ月ほど前に突然出現したこの植物はいったいなんでしょうか?

腐葉土やピートを消毒せずに使っていると、時々、正体不明の生物や植物がわき出てくることがあります。たいていは、陸上植物なので、発芽してから数週間から数ヶ月で消えてしまうのですが、今回は、ずいぶん成長しました。もしかして、このまま水中の環境になじんでしまったりするのでしょうか?

目次▲上へ▲